IT

~脆弱性が突かれる~ なぜ、アップデートは重要なのか?面倒くさくても「絶対に行うべき」理由

執筆者:宮田 健

帰宅時や外出前など、急いでいるときに急に始まる「Windows Update」。面倒くさいと思っている人も多いかもしれません。でも実は、これこそが企業と個人を守る最大の防御策なのです。今回は、悪い人たちがどのようにあなたの情報を狙ってくるのかを知り、時間がかかるだけで面倒だと思っていたアップデートの重要性を学びたいと思います。

アップデートは「新機能のため」だけじゃない

皆さんはWindows Update を行っていますか? 突然始まって、終わるまでは電源をオフにできず、ひたすら終了するのを待つ…。たいていそれは急いでいるときに始まって、なんとかしてキャンセルする方法を探すという方もいるのではないでしょうか。

似たようなものではOS のアップグレードがあります。パワーユーザーほど「新しいWindowsじゃなくても、いまので十分」という評価をしがちです。それに、アップデート作業にはトラブルがつきものです。トラブル回避のため、いまもWindows 7 やOffice 2013 を使っている企業はあります。それにアップデートを行うと、必要じゃない新機能が勝手に付いてきたり、便利だと思っていた機能がなくなっていたり。皆さんも経験があるのではないでしょうか。

そのような状況ですので、「アップデートはできればしたくない」という気持ちもわからなくはありません。しかし現在においては「最新のアップデートを適宜適用し、できる限り最新のOS、アプリを使う」ことが、サイバー空間で安全を得るためにもっとも近道なのです。

 

アップデートで安全になる!?

最近のOS やアプリケーションにおいては、アップデートは新機能追加だけでなく「脆弱性の修正」も重要なポイントになっています。脆弱性とは、OSやアプリケーションにおける「一撃必殺の弱点」のようなもの。この弱点を突かれてしまうと、PC やシステムを乗っ取られ、こっそりと不正な動作をさせられたり、情報を盗まれたりしてしまいます。ギリシャ神話に登場する不死身のアキレスも、「アキレス腱」という弱点がありました。これこそが脆弱性です。

多くのマルウェアは、この脆弱性を利用してあなたのPC に侵入を仕掛けてきます。現在、ネット上では1 日に20 万件以上のマルウェア亜種が作成されています。マルウェアを相手にしようとすると、相手は膨大な数になってしまいます。ところが、そのマルウェアを解析してみると、ごく限られた数の「脆弱性」が対象になっている場合があります。毎日20 万件増えるマルウェアそのものに対策を打つより、マルウェアが狙う「脆弱性」を対策したほうが、より現実的といえるでしょう。

サイバー空間で安全を得るためには

ネット上では 1 日に 20 万件以上のマルウェア亜種が出現しているといわれていますが、その多くは OS やアプリケーションにおける脆弱性をターゲットにしているため、ここを防ぐことがより現実的な対策手段になります。

モバイルPCセキュリティ完全ガイドブック

働き方改革が注目される昨今、自宅や外出先からネットワークにつないで仕事を行う「テレワーク」が不可欠です。いつでも、どこでも働けることは、企業の魅力につながり、多くの人が働きたい場所にするための、重要な施策といえるでしょう。
ただしビジネスパーソンの「利便性」が高まると、往々にして「セキュリティ」が下がってしまう事が多いのです。
テレワーク構築にあたってのポイントや危険性をチェックしていきましょう。

  • なぜ、企業のシステムには「セキュリティ」が必要なのか?
  • テレワークを活用!そのときセキュリティで押さえるべきポイントとは?
  • なぜ、パスワードの使い回しはいけないのか?
  • PCを紛失したら、いったい何が起きるのか?
  • なぜ、セキュリティアップデートは重要なのか?
  • なぜ、公衆無線LANから会社につないじゃダメなのか?

モバイルPCセキュリティ完全ガイドブック

無料ebookをダウンロードする

モバイルPCセキュリティ完全ガイドブック

モバイルPCセキュリティ完全ガイドブック

働き方改革が注目される昨今、自宅や外出先からネットワークにつないで仕事を行う「テレワーク」が不可欠です。いつでも、どこでも働けることは、企業の魅力につながり、多くの人が働きたい場所にするための、重要な施策といえるでしょう。
ただしビジネスパーソンの「利便性」が高まると、往々にして「セキュリティ」が下がってしまう事が多いのです。
テレワーク構築にあたってのポイントや危険性をチェックしていきましょう。

主な内容

  • なぜ、企業のシステムには「セキュリティ」が必要なのか?
  • テレワークを活用!そのときセキュリティで押さえるべきポイントとは?
  • なぜ、パスワードの使い回しはいけないのか?
  • PCを紛失したら、いったい何が起きるのか?
  • なぜ、セキュリティアップデートは重要なのか?
  • なぜ、公衆無線LANから会社につないじゃダメなのか?

無料ebookをダウンロードする

関連記事

インテル Core プロセッサー・ファミリー
インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー
Intel Inside® 飛躍的な生産性を

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook、Iris は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

※本ページに記載されているシステム名、製品名は、一般に各開発メーカーの「登録商標あるいは商標」です。